Skip to content

大阪と沖縄の魅力スポット

大阪を代表する観光地と言えば大阪城ですが、現在の城の石垣は徳川時代に築き直されたものです。

天守閣は昭和初期に復興されており、内部は博物館として公開されています。周囲は広大な公園となっており、市民の憩いの場所でもあるわけです。中座くいだおれビルは道頓堀通りに面しており、入り口では「くいだおれ太郎」が出迎えます。大阪グルメから大阪土産まで、美味しいものは何でも揃っています。謂わば魅力がたっぷり詰め込まれた、エンターテイメントビルとなっています。これと並んでグルメを堪能できるのが、法善寺横町です。沖縄平和祈念資料館は沖縄戦跡国定公園の中にあります。

平和の尊さを実感できる場所で、日本人なら一度は訪れたい場所です。施設内には常設展示室のほか、平和祈念ホールやプロセス展示室などがあります。常設展示室では証言映像や実物の資料が展示されており、歴史的な教訓を学べます。牧志公設市場では沖縄ならではの、新鮮な食材が手に入ります。併設された食堂では、新鮮な食材を使ったメニューが堪能できます。国際通りから横道に入った場所にあり、海外からの観光客で賑わっています。ねらい目は市場がオープンする朝8時台と、市場が閉まる夜8時頃です。

琉球ガラス村は色鮮やかな琉球ガラスの見学をはじめ、ガラス作りを体験できる人気の観光スポットです。自分だけのオリジナル作品を作れるので、思いで作りにピッタリな場所です。琉球ガラスはお土産としても人気が高く、誰にプレゼントしても喜ばれます。全国発送も行っているので、持ち運ぶ心配がありません。与那国島の海底には、海底遺跡が眠っています。多くの謎を秘めたミステリースポットとして人気で、内外から沢山のダイバーが訪れます。階段状の造りがあったり、平坦な道のような地形であったり興味が尽きません。人間の手になるクサビ跡も発見されており、益々神秘性が増しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *