Skip to content

日帰りスキーツアーについて

日帰りスキーをする場合には、早朝に出かけて、朝方スキー場につき、夕方までスキーを楽しんで帰宅するというのが一般的な行動パターンです。

日帰りスキーの魅力は、休みが1日しか取れないような人でもスキー場へ行くことができることです。そうすると、スキー場へ行く距離が大事になってきます。日帰りスキーをする場合には、自宅からスキー場まで5時間も6時間もかかるようではスキーを楽しむ時間が大幅に減少してしまいますので、最低でも3時間以内に到着することができるスキーツアーを利用するべきです。

このようなスキーツアーが実はたくさんあります。東京で言えば3時間以内に到着できる場所が限られてきますが、例えば新潟県の南の方や群馬県、長野県の東の方であれば、バスを利用することで到達可能になります。その時に迷うのは新幹線を利用するかどうかです。短時間で移動することを大事であると考えれば、バスよりもスピードが速い新幹線を利用することも重要であるといえます。では、日帰りスキーでの交通手段はバスと新幹線はどちらが良いでしょうか。

バスを利用するメリットは、目的地のそばまで行くことが可能になっていることです。スピードで劣るバスは、少しでも到達時間を短くし、サービスを向上させるほかはないのです。これに対して、新幹線は地上の乗り物で一番スピードが出るため、現地に到達するのは一番速いのが特徴です。ただ、新幹線でスキーツアーに行く場合は駅のそばにスキー場がないことが問題です。そこで東京から大阪の夜行バスで行くのがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *