Skip to content

富士登山2019はどのようなルートで登るか

富士山への登山を経験すると、毎年のように登りたいと考える人も多いのではないでしょうか。

富士登山2019でシーズンすぐに登山ができるのは吉田ルートです。このルートは山梨県側からのもので、富士スバルライン五合目からのスタートになります。難易度としてはそれ程高くはないのですが、吉田ルートは人気を持つものなどからも週末などは大変混雑する、場所によっては渋滞状態になることも少なくありません。一方、富士宮ルートは吉田ルートと比べると難易度は高めではありますが、剣ヶ峰へのアクセスが最も良いコースです。

富士登山2019での富士宮ルートは現時点(4月現在)では開山日が未定になっているものの、予測の中では7月10日前後ではないかと言われています。尚、富士宮ルートは他のコースと比べると標高差が少ないのが特徴です。スタート地点は富士宮口五合目で、標高2380mになります。富士宮口頂上は標高3710mですから、高低差としては約1330mです。さらに、富士宮口頂上から剣ヶ峰との標高差は約67mなどからも、標高差が少ない方が良い人にとっては魅力的なルートではないでしょうか。

仮に、今までこちらのコースを利用したことがない人は、富士登山2019でチャレンジしては如何でしょうか。尚、富士宮ルートの所要時間は、コースマップの中では登りが約5時間半、下りが3時間50分です。但し、このタイムには休憩が含まれていないことと、ルートの最高地点であるお鉢部分までになるため、ここから剣ヶ峰山頂までは往復35分を加算する、休憩時間も考慮するように計画を立てて下さい。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *