キッチンリフォーム-対面キッチンの利点とデメリット

キッチンリフォームの中でも、特に人気なのが対面式キッチンです。対面式キッチンは、家族を見ながら料理や食器洗いをすることができます。もし、小さなお子さんがいるご家庭の場合ですと子供を見ながら台所の作業を行うことができますので大変便利といえるかもしれません。また、家族と話しながら台所作業を行うことができますので、家族のきずなを強める時間を持つことができるという面でもメリットがあります。

対面キッチンはそのようにたくさんの利点があります。しかし、デメリットも考慮しなければ、後で失敗したということになってしまいます。対面式キッチンリフォームで多い失敗事例は、台所が以前よりも狭くなり使いづらくなったというものです。計算上では、それほど狭くならないはずだったのに、実際はかなり狭くなったというケースは少なくありません。

実は対面キッチンと壁にぴったりと付けるキッチンでは、必要な面積が異なります。対面式の方がより広い面積が必要となります。それで壁にぴったり付いているキッチンから、対面式キッチンに交換する場合にはリフォーム業者に、その点も相談しておくとよいでしょう。また、対面式キッチンの方がダイニングと近くなる結果として、様々な臭いが強くなるということがあります。

例えば魚を焼いた焦げ臭さが以前よりも強く感じられるということになる場合もあります。ですから、対面キッチンにした場合には、以前よりも強力な換気扇を設置した方が良いといえます。メリットとデメリットを考慮に入れた上でキッチンリフォームをどうするか決めることができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.