ワンルームをリノベーションして魅力を増す一例

ワンルームマンションの経営では、独身者にできるだけ気に入られる設計にすることで空室をなくすことができ、家賃収入も安定してきます。ところが、それでも時間の経過とともにマンションも老朽化し、設備も相対的に古くなっていきますので周りにできる最新の設備・デザインのマンションよりも魅力が半減してしまいます。そこで、切り札となるのがリノベーションです。リノベーションとは、リフォームと違い壁紙などを張り替えたり設備を交換して新築の状態に戻すことだけでなく、部屋の間取りなどを変えてしまうことです。

これによりより付加価値をつけることができ、空室が多かったマンションでも満室にすることができるようになるのです。リノベーションの一例としてはワンルームマンションをソーシャルアパートメントに変えることです。ソーシャルアパートメントとはマンションの住人が水回りなどを共有で使うことで、いわばサークル感覚で済むことができます。主に20代の独身向けのマンションになります。

設計上は水回りを一か所にすることで費用も安くなり、そのためソーシャルアパートメントはある程度立地が良いところでもワンルームマンションに比べても家賃が2万円から3万円ほど安くなることが多いのです。また、内装もかなり凝っているところが多く、ラウンジに大きなテレビがありそこで映画を見ることができるマンションや、バーのようなカウンターが設置されており、住人同士で週末お酒を楽しむことができるのです。そういった新しい形に変化させ価値を上げることができるのがリノベーションの魅力です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.