リノベーションとリフォーム

最近リノベーションという言葉をよく見たり聞いたりするようになりましたが、以前からあるリフォームとの違いがよくわからないという声を聞きます。おおまかではありますが、一般的にリフォームは古くなったものをもとにもどすということで、壁紙を張り替えたり、お風呂や流し台を取り替えたりします。ものは新しくなるのですがその部屋の機能や間取りは変わることはありません。しかし、リノベーションでは、壁を取り除き間取りを変えたりして部屋自体の機能を変えたりしてしまったりすることで、それは、小さく仕切られていた空間を広々とした空間に換えたりすることです。

また耐震性を高めることや耐久性を高めたりして建物の価値を高めることに対してもリノベーションといわれていて、新築物件を建てたり購入したりするより安価に住居を手にすることができるということで、中古マンションや中古住宅を購入して自分のライフスタイルにあった間取りや機能の部屋にして住んでいる人が増えているといわれています。不動産会社の中には、中古マンションや中古住宅をリノベーションして物件の価値を上げ価格を上げて販売しているところもあります。メリットとして自分の望む部屋にすることができるので、住みたいエリアの選択できる物件が増えるということが挙げられます。それは、ライフスタイルに合わない物件であっても、リノベーションすることで好みの物件に変えることができるので、住みたいところに住めるということなのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.