プロが教えるフローリングの修復

フローリングの修理を行って生計を立てているようなプロであっても、自宅に生じた少々の傷であればホームセンターで販売されているような簡易的な補修材で直してしまいます。



そのため、製品自体は非常に信頼のおける物なのですが、事前準備がしっかりと行われていない場合は、たとえプロだとしても好ましくない出来栄えになってしまうのです。つまり、素人がフローリング補修を行なう場合も、同様にしっかりと準備は済ませる必要があります。
まず、最も重要になるのは対象になる部位を入念に掃除するという事なのですが、できるだけ広範囲を掃除する事を心がけましょう。
次に、いよいよクレヨンタイプのフローリングの補修剤を使用してすり込み作業を行っていきます。



単に傷に対して塗れば良いと考えられる事があるのですが、正しい使い方としては傷にクレヨンを直角にしてすり込んでいくという事です。

そして、プロと素人の差異が生じやすい点としては、思い切って盛り上がる程塗布し続けるという事です。

素人ははみ出した場合は失敗になるという考えを抱きやすいので、つい少しの量でやめてしまうのですがはみ出してから作業をやめるようにしてください。

エキサイトニュース情報をお伝えします。

その後、余った材料は付属のヘラで削り取り、乾いた布などで軽く拭き上げると全くフローリングの傷が目立たなくなります。
また、フローリングに床暖房システムが搭載されている場合は、熱により溶け出す可能性があるので必ず専用品を手に取りましょう。